革ベルトとラバーベルト

腕時計のパーツの中には、腕に巻き付けるためのベルトもあります。
このベルトに関しても腕時計の種類によって、いろいろな素材が使われています。
腕時計を購入する時には、ベルトの素材もチェックしておくといいのではないでしょうか?
現在提供されている腕時計のベルトの中でも、比較的オーソドックスなタイプとして、革ベルトがあります。
革ベルトの特徴として、いろいろな種類のものがある点が挙げられます。
革ベルトのカラーもいろいろとあって、色が変わることで腕時計全体の印象ががらりと変わることもあります。
革ベルトの素材は大きく分けてクロコダイルとカーフ、トカゲ、バッファローに分類できます。
カーフとは、牛革を使ったベルトのことを指します。
革の財布などを持っている人はお分かりかと思いますが、使えば使うほど自分に馴染んでくるところがあります。
オリジナルのいい味が出てくるところが革ベルトの魅力と言えます。
しかしそのまま使い続けていると、劣化も激しくなるので注意が必要です。
特に夏場、長期間装着をしていてそのままにしていると、汗臭くなってしまうことがあります。
革ベルトの腕時計を購入したのであれば、定期的にお手入れすることを忘れないようにしましょう。
アウトドアウォッチやミリタリーウォッチの中でよく使われていますが、ラバーベルトのものも注目されるようになってきています。
ラバーベルトの特性は、耐久性と弾力性に優れていることが挙げられます。
肌触りがいいですし、つけた時に軽さが感じられる所が魅力です。
しかもラバーベルトの場合、あまり費用が高くありません。
このためラバーベルトの装着されている腕時計を見てみると、比較的リーズナブルな価格で提供されている商品が多いです。
また革ベルトと比較すると、なかなか劣化しない所も魅力と言えます。
しかしもし亀裂がベルトの所に入ってしまうと、修復することは難しいです。
新しいものに買い替えないといけなくなりますので、その点に関しては注意する必要があります。
またラバーベルトの場合、通気性に関してはあまりよくありません。
このため、肌質がもともと弱い人が装着すると、かぶれや炎症を起こしてしまう可能性があります。
ラバーベルトも定期的にお手入れをする必要があります。
中性洗剤を水で薄めたものやせっけん水を使って洗うようにしましょう。
その上で乾燥させる必要があるのですが、通気性のいい所でしばらく放置してあげることが重要です。

注目のサイトを集めました。便利なここがイチオシです

Copyright (C)2017 TPOで使い分けたい☆時計使いこなし術 All Rights Reserved.