防水機能について

現在販売されている腕時計の詳細を見てみると、防水性能が付いていることを売りにしているものもたくさんあります。
しかしこの防水性について、誤解している人も多いようです。
水をどこまでかけても平気と思っている人もいるようですが、決してそうではありません。
また防水性といっても、その程度はここによって違いがあることも認識しましょう。
まず30m防水と呼ばれる種類があります。
このような種類の腕時計は、日常生活で水がかかる程度であれば故障することはない種類と思って下さい。
あめで多少濡れてしまうとか、汗をかいてもそのような程度で故障することはありません。
洗顔をする時に水がかかった程度であれば、問題はないはずです。
ただし蛇口からダイレクトに時計に水をかけてしまうと水圧でやられてしまう可能性が出てきますので、注意しましょう。
50m防水と呼ばれる種類もあります。
この場合、水道水がある程度かかったとしても、故障することはありません。
しかし高水圧の水がかかった場合には、故障する恐れがありますので取り扱いに注意することです。
ですから水泳やダイビングをする時に装着をすると、故障する可能性は大と思っておきましょう。
100m防水と呼ばれる種類は、100メートル水中に潜ったとしても故障することはないことを意味します。
しかしこれは、水圧のことは想定しない防水機能の表示なので、10気圧も実際にかかってしまうと故障する恐れがありますので注意して下さい。
ですから、およぐときに装着をしていると故障する可能性があります。
しかしジェットスキーやヨットなどのマリンスポーツをしている時に装着していて、水しぶきがかかったとしてもまず歌唱することはありません。
もっともすぐれた防水機能を持っている腕時計は、200m防水と呼ばれるタイプです。
200メートルまでであれば、潜れることを意味しています。
おそらくここまでの防水性能を持っているのであれば、ダイビングの時に装着しても故障することはまずないと言っていいでしょう。
しかしもし頻繁にダイビングをして、水圧がかなりかかるようなことがあれば、定期的にメンテナンスをしておかないと早く壊れてしまう可能性があります。
防水機能の付いている腕時計に関しては、かなり誤解している人もいるようです。
防水だから、おふろやシャワー、サウナに入る時にも装着したままでいいのではないかと思っている人もいるでしょう。
しかし風呂にはいるときなどは原則として、時計は外すようにしましょう。
Copyright (C)2017 TPOで使い分けたい☆時計使いこなし術 All Rights Reserved.