手巻き式ムーブメントとは

少し前の腕時計を見てみると、自分でねじを巻いて時計を動かすような仕組みになっている種類のものも結構ありました。
このような腕時計のことを、手巻き式ムーブメントと呼ぶことがあります。
手巻き式ムーブメントとは、ぜんまいが時計を動かす動力源になっているのですが、定期的に主導でぜんまいを巻く必要があるタイプを指します。
腕時計の他には、懐中時計があります。
この懐中時計の動かすシステムで手巻き式ムーブメントが採用されているものが多いです。
懐中時計を見てみると、手巻き式ムーブメントもしくはクォーツ式ムーブメントを採用しているものがほとんどです。
手巻き式ムーブメントの場合、電池を動力源として動いているわけではありません。
このため、定期的に電池の交換をする必要はありません。
電池交換をする場合、素人が自分で交換をするのはかなり難しいです。
そこで時計屋に行って、交換の依頼をすることになります。
しかしこのような手間を手巻き式ムーブメントでは省くことができるわけです。
また自分で定期的にぜんまいを回さないと動いてくれなくなります。
頻繁に時計と接する機会も多くなりますので、自分のものという愛着をほかのムーブメントと比較してより強く持てる所も魅力です。
このため、時計好きの人の中には、あえて手巻き式ムーブメントの種類のものを購入する人もいるくらいです。
手巻き式ムーブメントの場合、ぜんまいを定期的に回す必要があります。
これを怠ってしまうと、いずれ動かなくなってしまいます。
できれば、毎日決まった時間にぜんまいを巻く習慣をつけておいた方が、うっかりわき忘れるといった事態を防ぐことができるのではないでしょうか?
ところでここで、ぜんまいを巻くときに、どの程度巻いておけばいいのか分からないという話を耳にすることがあります。
ただぜんまいを力任せに巻けばいいというわけではありません。
無理な力をかけてゼンマイを巻いてしまうと、ぜんまいが切れてしまうということもありますので注意して下さい。
優しくゆっくりと巻くことを意識すれば、ぜんまいが切れることはまずありません。
またぜんまいを巻いている時に、まきが硬くなることもあります。
このときに力任せにやってしまうと、時計が故障することもあります。
丁寧に扱うことを十分に意識することが重要です。
また自動巻きと一緒で、時間が経過すると徐々に時間がずれることがありますので時刻調整をすることも大切です。
Copyright (C)2017 TPOで使い分けたい☆時計使いこなし術 All Rights Reserved.