自動巻きムーブメントとは

現在使われている腕時計の中には、自動巻きムーブメントと呼ばれるムーブメントを導入している種類のものもあります。
自動巻きというのは、時計を腕に着用したときに、ローターが回転するようになっているムーブメントを指します。
時計を着用すれば、腕がいろいろと動きます。
この動きに合わせるような格好で、ローターが回転をします。
このローターの回転は、内蔵されている歯車に波及します。
その結果、ぜんまいが自動的に巻き上げられることで、時刻を刻むことができるわけです。
ローターで発生した回転の力は、切り替え車に伝達されます。
その上で、伝え車に波及し、その後減速車に伝わっていきます。
その後減速中間車や各穴車・香箱真、ゼンマイといった順番でローターの回転の力が波及をして、時刻を刻むことができるようになるわけです。
自動巻きかどうかを確認する方法ですが、文字盤や裏蓋の所を見てみましょう。
「Automatic」と表記されているものであれば、自動巻きムーブメントが採用されていると分かります。
自動巻きムーブメントのいい所は、いつまでも時刻を刻んでくれる所にあります。
定期的に装着をすることで、勝手に動いてくれます。
しかもクォーツ時計のように、電池で動いているわけではありません。
このため、いちいち電池交換の手間がかからない所も魅力と言えるのではないでしょうか?
しかも手巻き式とも違って、自分でいちいちぜんまいを巻く必要もありません。
先ほども紹介したように、腕時計を装着していれば、腕の動きに合わせてゼンマイが巻かれる仕組みになっています。
ですから、自分でぜんまいを巻く手間も省くことができます。
しかしここで注意したいのは、腕に装着をしていないと、ぜんまいが巻かれないという点です。
すなわちしばらく装着をしないで放置してしまうと、ぜんまいが終わってしまって、時刻を刻むことができなくなってしまいます。
久しぶりに時計を装着した所、動いていなかったということもあります。
この場合、自分でリューズを巻いてあげる必要が出てきます。
仕事などで毎日腕時計をある程度の時間、装着する人が使えば問題はないでしょう。
また誤差の出やすい時計と言われていますので、定期的に時刻調整をする必要があります。
1日当たり数秒の誤差が生じると言いますので、数カ月に1回くらいのペースで時刻調整をしておかないと結構時間がずれてしまうことがありますので注意しましょう。
もし秒単位の正確さが欲しいと思っているのであれば、クォーツ式を購入すべきです。
Copyright (C)2017 TPOで使い分けたい☆時計使いこなし術 All Rights Reserved.