クォーツの特徴

時計はいろいろなパーツによって構成されています。
その中でも最も重要なのは、時計の時刻を動かしているムーブメントです。
現在提供されている腕時計のムーブメントは、いくつかの種類に分類することができます。
その中の一つにクォーツ時計と呼ばれるジャンルがあります。
クォーツ式ムーブメントの特徴は、電池を動力源として動く所にあります。
水晶振動を使って時計を動かしていて、1秒間に数万回の振動ができるように設計されています。
1969年に初めてのクォーツ式ムーブメントが登場しました。
今では世界中で主力のムーブメントとして提供されています。
クォーツのいい所は、放置していても、時刻を止めることがない所にあります。
腕時計を使用している人の中には、毎日装着しないという人もいるのではないでしょうか?
2〜3日机の上に置きっぱなしにして、久しぶりの腕時計を身につけるかという時でも正確な時刻を刻み続けてくれます。
オーソドックスなタイプなので、1台あるだけでも利便性はかなりますのではないでしょうか?
クォーツタイプのムーブメントは先ほども紹介したように、電池を動力源にして動いています。
電池は皆さんご存じのように徐々に消耗してしまいます。
このためいずれは電池がなくなってしまって、動かなくなってしまうことがあります。
このようになってしまうと電池交換をすることで、またムーブメントが動くようにしないといけません。
電池交換をした経験のある人はご存じでしょうが、時計の内部は非常に複雑な仕組みになっているものが多いです。
このため、素人の私たちが自力で交換をすることが難しいとされています。
そこで、近くの時計屋に行って、交換のお願いをする必要があります。
そうなってしまうと、手間がかかって面倒です。
普段仕事で忙しい人は、せっかくの休日が電池の交換でつぶれてしまうこともあるかもしれません。
プラスして、電池の費用以外にも、時計やの交換の手間賃も負担しないといけません。
このように考えてみると、自分で何とか電池の交換ができないものかという人もいるでしょう。
しかし無理に自分で電池の交換をしてしまうと、パーツを傷つけたり、配置をちょっとしたはずみでずらしてしまったりする可能性もあります。
その結果故障してしまう、元通りに利用できなくなってしまうことも十分にあり得ます。
ですから、電池の交換をする時には、プロの人にお願いをした方が無難と言えます。
Copyright (C)2017 TPOで使い分けたい☆時計使いこなし術 All Rights Reserved.